健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  呼吸法  >  呼吸と自律神経の関係
 「呼吸と自律神経って関係あるの?」

まず、自律神経とは何でしょう?
自律神経とは私たちが意識的にコントロールすることができない内臓の働きなどを司っている神経系のことです。この自律神経と呼吸の間には深い関係があります。相互に影響を与えあっています。なので呼吸を変えることによって、本来意思の及ばない自律神経系に働きかけることができます。

自律神経とは何かというと、体温や血圧を一定に保ち、内臓の働きを調整する働き。身体の内部環境の恒常性(ホメオスタシスといいます)は無意識のうちに維持されています。この働きを司っているのが自律神経です。

 
自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経で成り立っており、一方が強まればもう一方が弱まるというように互いにバランスをとるような関係にあり、身体の諸機能を調整しています。

自律神経の最高中枢は間脳の視床下部というところにありますが、それぞれが分節を持っています。交感神経は脊髄の胸部から腰部にかけての神経分節。副交感神経は脳幹の中脳・橋・延髄、そして脊髄仙部に神経分節があります。司令塔である最高中枢からインパルス(信号)が送られ、必ず量分節を通って各器官へ伝達されます。

交感神経はエマージェンシー神経と呼ばれ、いわゆる緊急事態に促進されます。ストレスがかかった時、寒さ・暑さの環境変化などに対応するために働きだします。心臓を興奮させ、心拍数や血圧を上げる働きをします。緊急を要さない胃や小腸などの内臓の働きは逆に抑制されます。一方、副交感神経は心臓以外の内臓の働きを促進し、健康状態に大きく影響を与えます。心拍数を抑えたり、消化吸収を促進したりします。ゆったりとし、楽な気分でリラックスすると副交感神経が働き、交感神経が抑制されます。

自律神経は不随意神経(無意識に働く)な為、意識的に直接コントロールすることはできません。しかしながら、自律神経と呼吸の間には深い関係があり、呼吸が自律神経に対して影響を及ぼします。それは、副交感神経の分節は脳幹の橋や延髄にありますが、同じ位置に呼吸中枢があるため両者は互いに影響し合っています。呼息(吐く息)が強まっていくと副交感神経につながる迷走神経を刺激していきます。逆に吸息が高まり激しく空気が取り込まれると、副交感神経が抑制され交感神経が優位になっていきます。つまり吸うよりも吐く方に重点を置いた呼吸を心がければ副交感優位にバランスが整えられ、内臓の働きが促進され、健康の増進につながります。


≪参考文献≫
呼吸のしくみ (著)北一郎 ナツメ社
前
呼吸法のこころとからだへの影響
カテゴリートップ
呼吸法

pagetop