健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  ヨガ  >  ヨーガの歴史
ヨーガの起源は定かではないが、早ければ紀元前2000年以前に栄えたインダス文明の時代までさかのぼる可能性があり、遅くとも紀元前5世紀ことまでにはヨーガが実践されていたことを確認できる文献的な証拠があるとされています。

こうした伝統を集大成する形で、2世紀〜5世紀ころに、パタンジャリ作と伝えられる「ヨーガ・スートラ」という教典が成立した。これはヨーガの実践的なマニュアルとして最も古く最も知られたもので、この教典に基づくヨーガの系統がラージャ・ヨーガと呼ばれた。ラージャ・ヨーガは近代的な研究者からは「古典ヨーガ」とも呼ばれるが、その特徴は内面的な心の統一、沈静化によって解脱を目指すところにあった。

このラージャ・ヨーガでは高みへ到達するのが困難であるとされていたため、ポーズや呼吸 
 
法、瞑想が開発されてきた。そういったヨーガの代表的な存在として、現在世界的に盛んなハタ・ヨーガが挙げられる。ハタ・ヨーガとはポーズ、呼吸法、瞑想にて構成されるヨーガ。ハタのハは太陽=陽を、ハタのタは月=陰を意味する(この意が逆という説もある)。このハタ・ヨーガでは、心や体を動かす原動力である気を重視します。身体や呼吸を使って気の流れを制御し、これにより心をコントロールします。

最初に日本にヨーガが伝わったのは、大同元年(806年)、唐より帰国した空海にまでさかのぼる。その後、真言宗や天台宗の「護摩」、「阿字観」等の密教行法として、現在に伝わっている。禅宗の座禅も、ヨーガ・スートラ第2章に記述されるディヤーナの音写である。

現在巷で流行している健康法としてのヨーガは昭和時代に伝播したが、伝統的ヨーガを導入した新興宗教団体オウム真理教による一連の事件の影響で、一時下火になった。

だが2004年頃から健康ヨーガは再びブームとなり、ダイエット方法の1つとしてテレビで紹介されたり、CMで使用されることが増えた。フィットネスクラブなどでは、エアロビクスと同じようなスタジオプログラムの1つとして行なわれている。この流行はインドから直接流入したものではなく、アメリカ、特にニューヨークやハリウッドでの流行が影響したものと考えられ、近年では同流行がインドへ逆輸入されている。


≪参考文献≫
ヒーリング 癒しと伝説と神秘の技法 (著)草野巧 新紀元社
ヨガのことが丸ごとわかる本 (著)Yogini 編集部◎編 
これからヨガをはじめる人の本 (著)Yogini 編集部◎編 町田節美
wikipedia


前
ヨーガ(ヨガ)とは
カテゴリートップ
ヨガ
次
ヨーガスートラとは

pagetop