健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  ダイエット 食事  >  酵素について
「酵素とはいったい何でしょうか?」

「いろいろな反応を触媒するタンパク質」。触媒とは、自分自身は変化せずに、化学反応を大きく促進する物質です。酵素は生体が生産する触媒なので、生体触媒と呼ばれることもあります。

かなりの数の酵素は、タンパク質のほかに低分子(分子量が小さい、おおざっぱに小さな分子)の有機化合物や金属を、不可欠な成分として含んでいます。純粋なタンパク質よりも多いくらいです。酵素に不可欠な、この低分子の有機化合物を補酵素、または助酵素といいます。
 
補酵素は、生体内で、B群ビタミンから作られます。ビタミンは有機化合物であり、私たちのからだで合成できませんので、外部から摂取する必要があります。水に溶けやすく油脂に溶けにくい水溶性ビタミン(CやB群)は食物として摂ると、私たちの体内でいろいろに代謝されて、補酵素に変わります。

酵素は人間の体内にある「潜在酵素」と、外部から食物によって摂り入れる、「食物酵素」に分けられます。

さらに「潜在酵素」には、食物の消化に使われる「消化酵素」と、さまざまな生命活動に関わる「代謝酵素」の2種類があります。

酵素は生野菜や果物、発酵食品などにたくさん含まれていますが、こういった食材を毎日欠かさず摂るようにすると、自ずと消化が良くなり、体内にある「消化酵素」を消費しないようになります。

さらに、生野菜などに含まれる、”生きた酵素”を体内に摂り入れることで、私たちは体内の代謝を司る「代謝酵素」の無駄遣いを防ぐことができます。

口から入った食物は各消化器官で消化され、最小単位になって小腸で吸収されていきます。炭水化物はブドウ糖、タンパク質はアミノ酸、そして脂肪は脂肪酸といった最小単位まで分解され、吸収されていきます。

口の中では唾液に含まれる消化酵素・アミラーゼによって、炭水化物の分解が行われます。胃の中では胃酸やペプシンなどの消化酵素によってタンパク質が分解されていきます。十二指腸では膵臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素によって、炭水化物、タンパク質、脂肪が消化分解されます。そして小腸で吸収された栄養素の最小分子は肝臓で代謝された後、全身に行きわたり、生命維持の為に役立てられます。

食生活の欧米化により、肉類のなどの動物性タンパク質の過剰摂取や、質の悪い脂質の摂取が起こり、確実に私たちの身体を太りやすく、内臓脂肪がつきやすい体質へと変えてきています。肉や魚などの動物性タンパク質は消化するのに、とても時間がかかり、沢山の消化酵素を必要とします。結果として私たちの体内の酵素をどんどん浪費していき、代謝に使える酵素が少なくなっていきます。

消化にエネルギーを奪われるとき、私たちの体内での代謝がおろそかになり、脂肪細胞の代謝も滞り、肥満につながるというわけです。

普段から食べ過ぎや高カロリー食品を控え、野菜、果物や、発酵食品を沢山食べ、外部から酵素を摂り入れるようにすることによって、酵素の無駄遣いが減り、代謝に使われる酵素が増して太りにくく痩せやすい体になっていきます。


≪参考文献≫
酵素のちから 左右田健次(著)
酵素が太らない体をつくる! 鶴見隆史(著)









前
なぜ肥満になるのか
カテゴリートップ
ダイエット 食事
次
食べる速度、食べる順番、食べる時間について

pagetop