健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  ストレッチ 体操  >  「こり」とストレッチ
 「なぜこりや痛みが起きるの?」

筋肉は運動神経によって制御されています。運動神経が興奮するとアセチルコリンという物質が分泌され、それによって筋肉が収縮します。運動神経の興奮が収まると、酸素を使ったエネルギーにより筋肉は元のように弛緩されます。ところが疲労や強い刺激があると運動神経の興奮が収まらず過剰にアセチルコリンが分泌されます。筋肉が収縮したままで圧力が高まり筋肉内にある上み血管が圧迫されます。その結果酸素不足が生じ、筋肉を緩めるためのエネルギー不足で筋肉が緩まりません。この酸素不足が深刻化すると周辺の細胞から疲労物質である乳酸などが静脈やリンパ管に溜まり筋肉のコリや痛みの原因となります。

ストレッチを行い筋肉を伸縮することによって、筋肉内の静脈やリンパ管にマッサージ効果が生まれ、疲労物質を押し流してくれます。つまり血行が良くなりリンパも流れやすくなるわけですね。

ではそもそも「こり」とはどのような状態なんでしょうか?

同じ姿勢での運動や動作を繰り返していると、筋肉の中に疲労物質である乳酸や老廃物が溜まります。血液循環も悪いためこれらの物質がうまく長されず滞った状態がつつきます。そして筋肉は柔軟性を失い硬くなった状態(=コリ)に陥ります。

ストレッチとは、腱や靭帯を含め、筋肉組織を伸ばして関節可動域を広げる運動をストレッチといいます。ストレッチには大きく分けて、静的ストレッチと動的ストレッチに大別できます。静的ストレッチとは反動や弾みをつけずに、自分の動きとポジショニングで目的部位の筋肉や腱をゆっくり伸縮させ10〜20秒静止するものです。一方
 
で動的ストレッチは動きや反動を利用して行うストレッチです。実際の動作や運動刺激に近くウォームアップの為のストレッチに適しています。

≪参考文献≫
ストレッチまるわかり事典 (著)長畑芳仁 ベースボール・マガジン社
Tarzan 2012 9月13日号 全身ストレッチ&セルフマッサージ






カテゴリートップ
ストレッチ 体操
次
リンパと老廃物

pagetop