健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  ストレッチ 体操  >  リンパと老廃物
「リンパって何?」

身体の中には「リンパ管」が網の目のように張り巡らされています。流れているのは「リンパ液」で、リンパ管の中継地点には「リンパ節」があります。人間の身体の60-70%は水分ですが、その水分とは体液のことで、血液、組織液そしてリンパ液です。

リンパ節は全身にわたり約800個あります。耳の下、わきの下、そけい部は沢山のリンパ節が集まる重要部分です。

リンパの働きで最も大きなものは「免疫機能」です。体内(組織液)に細菌やウイルスなどの病原菌がいた場合、即座にリンパ管に回収されリンパ節へと運ばれます。リンパ節の内部は 
 
フィルター状の構造になっており、リンパ液から病原菌が除去されます。そこで白血球の中でも最強の「リンパ球」が病原菌を退治します。さらにマクロファージという物質が菌の残骸をお掃除いたします。

このような免疫機能のほかに、リンパの重要な役割が、「老廃物のろ過」です。リンパ液の中には乳酸やアンモニア、尿酸などの老廃物も含まれています。これらはリンパ節内のフィルターによってろ過され、体外へ排出されます、クリーンになったリンパ液は再び心臓へと戻っていきます。

リンパの流れは毛細リンパ管から始まっています。足先や指先から始まる毛細リンパ管は皮膚のすぐ下浅い部分を通っています。いくつかのリンパが合流を繰り返し、いくつかのリンパ節を通ると深いリンパへの流れ着きます。リンパには心臓のようなポンプ機能が無いためリンパ管の収縮つまり周辺の筋肉の力によってゆっくりと流れています。浅いリンパは皮膚のすぐ下にあるため、軽くさすったり、ストレッチやマッサージで流れを良くすることができます。一方、深いリンパは手で圧を加えて押してやると流れが促進されます。

よく、足が「むくむ」といいますが、あれは、本来リンパ管に回収されるべき組織液が、回収されずに残っている状態です。むくみを解消するには身体を動かして筋肉を伸縮させるか、マッサージやストレッチで筋肉を動かしてリンパ管を刺激してリンパが流れるようにしてあげる必要があります。


≪参考文献≫
ストレッチまるわかり事典 (著)長畑芳仁 ベースボール・マガジン社
Tarzan 2012 9月13日号 全身ストレッチ&セルフマッサージ
ほんとによく効くリンパとツボの本 (著)加藤雅俊 日本文芸社


前
「こり」とストレッチ
カテゴリートップ
ストレッチ 体操
次
マッサージとストレッチ

pagetop