健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
トップ  >  ストレッチ 体操  >  マッサージとストレッチ
 「マッサージとストレッチの違いって?」

マッサージとストレッチの違いは、マッサージは局部的に働きかけるものに対し、ストレッチは広範囲に働きかけます。

同じ姿勢を続けて身体全体が硬くなってしまった場合は、ストレッチで身体全体の柔軟性を高めていきます。一方で背中や腰などに硬いしこりがある場合は、局部的にマッサージを施します。それぞれを単独で行っても良いですが、組み合わせて行うことによって、より効果がでます。マッサージ行って血流を良くして筋肉の温度を上げて、その後ストレッチで働きかけます。筋肉は温かくなったほうがより伸びやすいため、マッサージと組み合わせることによって効果が倍増する。
 
さらにストレッチは伸ばしたい筋肉を意識して行うほうが、狙った筋肉を確実に伸張させることができます。そういう意味でストレッチをする前に筋肉を擦る様にマッサージすることにより、筋肉をより意識できるようになります。

また、マッサージとストレッチを同時に行うことでより効果を高めることができます。コリや痛みのある部分をマッサージすることにより、硬さ、張り具合、温度などを確かめながら、ストレッチの強弱を調整していきます。ストレッチにより伸ばした後にさらにマッサージで温めながら緩めていくといったように交互に行い相乗効果を図っていきます。入浴を組み合わせると、体温上昇により副交感神経が優位になり、血行促進も進むため、入浴後にマッサージとストレッチを組み合わせているスポーツ選手も沢山います。 


≪参考文献≫
ストレッチまるわかり事典 (著)長畑芳仁 ベースボール・マガジン社
Tarzan 2012 9月13日号 全身ストレッチ&セルフマッサージ
前
リンパと老廃物
カテゴリートップ
ストレッチ 体操
次
ストレッチでの注意点

pagetop