健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
ダイエット 食事
ダイエット 食事 : 深夜の食欲増・朝の食欲不振の原因は体内時計
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-29 10:09:06 (424 ヒット)

「夜寝る前に食べると太る」ってよく聞きますよね?

 でも、分かっているけど、ポテトチップス、チョコレートやラーメンなど、塩辛いもの、甘いものや高カロリーなものをついつい食べてしまいます。

 それで悩んでいるのはあなただけではありません。一般的に私たち人間は誰しも、午前中にはあまり空腹を感じません。ある調査では、欧米人の平均的な朝食は、1日のカロリーの16〜18%と報告されています。

 また、朝食を食べない人も多くいます。睡眠という長い絶食の後なのに、なぜ朝は食欲がないのでしょうか?


感想:
朝起きてから14〜16時間後に「メラトニン」という睡眠を促すホルモンが分泌されるということですが、言い換えれば人間が起きて活動する時間はもともとこれぐらいが適量(限度)ということなんでしょうね。さらに成長ホルモンが分泌される22時から2時のゴールデンタイムに寝ているためには22時就寝、6時起床というのが当面の目標でしょうか^^(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37860



pagetop