健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
その他
その他 : 「血液の若さ」を守る、隠れた働きもの「脾臓」
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-06-03 09:12:25 (421 ヒット)

 「若さ」って、誰もが憧れますね。でも「血液の若さ」なんて、考えたことありますか? 体の隅々まで酸素が巡るためには、血液中の細胞が、若くなければいけないのです。その大役を担うのが左脇腹の奥にある「脾臓」。知名度はあまり高くないですが 、とっても大事な臓器なのです。

 私たちの体の中を、隅々まで巡る血液。ドックドックと脈打つ拍動は、まさに体が生きている証といってもいい。

 血液の最重要機能は、酸素を運ぶこと。体内に60兆個ある細胞はどれも、酸素がなくては生きていけない。十分な酸素を届けるため、体の中は隅々まで血管が張り巡らされている。


感想:
脾臓って普段あまりクローズアップされませんが、とても重要なプレーヤーなんですね。意味のない臓器など存在しませんが、これほど活躍しているとは正直知りませんでした。身体にあるリンパ球の1/3がこの脾臓に集まっていて、免疫機能を担っているんですね。身体のメカニズムをあらためて聴くと、ほんと良くできているなと感嘆します。以前、脾臓を切除した人と話をしましたが、実はとんでもないことなんですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2700M_X20C13A5000000/



pagetop