健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
ダイエット 食事
ダイエット 食事 : 驚愕の事実!コンビニ定番商品が「体内老化」を早めてしまう
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-06-06 11:19:56 (420 ヒット)

私たちの生活に欠かせないコンビニ。最近では、“コンビニスイーツ”が進化し、男女問わず人気を集めていますよね。そんなコンビニで、実は危険な食品があるのはご存知ですか?

今回は、できたら避けるべきコンビニ食品をご紹介します。



■1:スイーツ(ケーキ、ゼリー)

前述のスイーツの中でも、特に注意したいのがケーキ、ゼリーです。というのも、コンビニのケーキやゼリーには、添加物を含んだものが多すぎるのです。なかでも、とろみや食感を出すために使われる添加物の一つ増粘多糖類は、一品目を追加した場合はそのまま表示されますが、二品目以上追加した場合は、“増粘多糖類”としか表示されず、何が使用されているのか分からないのです。

主な増粘多糖類には、ペクチン、カラギナン、グァーガム、ローカストビーンガム、タマリンドガム、キサンタンガム、カードラン、トラガントガム、ファーセレランがあり、安全性の高いものも多いのですが、カラギナン、トラガントガムは発がん性とがん促進物質であることが、ファーセレランは催奇形性の疑いがもたれています。


感想:
先日記事で、アメリカで何十年も前のマクドナルドのハンバーガーが上着のポケットからでてきてまったく形も変えていなかったというのを見ましたが、食品添加物の技術がどんどん上がって来ている一方で健康への影響が心配ですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.biranger.jp/archives/71895



pagetop