健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
ダイエット 食事
ダイエット 食事 : マーガリンよりもバターを選ぶべき理由
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-20 10:11:25 (392 ヒット)

「原料が植物性脂肪だから」「カロリーオフされている」「バターはコレステロールが気になる」など、バターよりヘルシーなイメージのあるマーガリン。実はマーガリンには「トランス脂肪酸」が多く含まれているのをご存知だろうか?
欧米では規制されている「トランス脂肪酸」

トランス脂肪酸は、植物性脂肪に水素添加することで生成される脂肪酸の一種。がんや心臓疾患、喘息、アレルギーなど現代人に多い病気のほか、近年増えていると言われる非アルコール性脂肪肝の原因とも指摘されている。また、摂り続けることで認知症にもなるなどの研究結果もある。なんとなく健康に悪いということを聞いたことがある人も多いかもしれない。

実は、欧米では健康被害を与える可能性が指摘されており、食品中に含まれる量が規制されている。あいにく、日本では「加工しやすい」「価格が安価で安定している」とのことから、今のところ野放しにされている状態だ。健康を維持したいなら「安ければ良い」という考えを捨て、知識を付けて避けるしかない。


感想:
トランス脂肪酸は健康に悪影響を与える可能性が高いと言われていますが、マーガリンの方に多く含まれているのですね。コレステロールを避けるという意味でバターよりもマーガリンと考えがちですが、トランス脂肪酸も要注意ですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://irorio.jp/manamisgmt/20130819/72390/



pagetop