健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-21 09:25:15 (891 ヒット)

汗だくになる真夏はやせやすいと思いがちだが、そうとも限らない。夏は脂肪を燃やして熱を作る必要がなく、自然に体が消費するカロリーである基礎代謝が下がる。加えて「食べやすいから」と食生活が麺類などに偏り、冷えたジュースなどをたくさん飲むと、肥満を招きやすい。「夏は太りやすい」と認識し、食生活から見直してみてはどうだろうか。

 炎天下に外出したので、食欲が湧きにくい。食事はのどごしがよく、あっさりしたそうめんにしよう。キンキンに冷えたスポーツ飲料を飲めば熱中症予防になる。夜は冷たいビールがよい――。

■基礎代謝、冬より1割少なく

 こんな食生活を送っている人がいるかもしれないが、そこには肥満の危険が潜んでいる。そうめん2束を1人分として食べると、300キロカロリーを超える。2人前を食べ、おかずを加えると、1食で1000キロカロリーを超えることも。そうめんの多くは製造過程で油が使われており、「あっさり」のつもりが思わぬ高カロリーになりかねない。


感想:非常にわかりやすい解説ですね。夏は冬に比べて代謝が下がる傾向にあり、結果として太ってしまうんですね。夏はどうしてもそうめんなどの麺類に走りがちですが、インスリンの過剰分泌を考えると、少し控えめにして、サラダなどを一緒に、そして食べる順序まで気にして食べるようにすべきですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO58620520X10C13A8MZ4002/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-20 10:50:12 (896 ヒット)

そもそも6つの栄養素「6大栄養素」とは

たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をまとめて6大栄養素と呼ばれている。これらをバランスよく摂取することが、健康の源である。


感想:フィトケミカルが体に良いと言われています。ここで言う「身体に良くない」とは、身体を老化させる、すなわち「身体をサビさせる」ということです。フィトケミカルは身体をさびにくくするのに効果を発揮いたします。厳しい自然界にさらされっぱなしの植物の持つ、強い「抗酸化作用」を人間の体内で利用するという事ですね(管理人)

この記事に関する詳細リンクは↓
http://matome.naver.jp/odai/2137499846274208801?&page=1


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-20 10:11:25 (392 ヒット)

「原料が植物性脂肪だから」「カロリーオフされている」「バターはコレステロールが気になる」など、バターよりヘルシーなイメージのあるマーガリン。実はマーガリンには「トランス脂肪酸」が多く含まれているのをご存知だろうか?
欧米では規制されている「トランス脂肪酸」

トランス脂肪酸は、植物性脂肪に水素添加することで生成される脂肪酸の一種。がんや心臓疾患、喘息、アレルギーなど現代人に多い病気のほか、近年増えていると言われる非アルコール性脂肪肝の原因とも指摘されている。また、摂り続けることで認知症にもなるなどの研究結果もある。なんとなく健康に悪いということを聞いたことがある人も多いかもしれない。

実は、欧米では健康被害を与える可能性が指摘されており、食品中に含まれる量が規制されている。あいにく、日本では「加工しやすい」「価格が安価で安定している」とのことから、今のところ野放しにされている状態だ。健康を維持したいなら「安ければ良い」という考えを捨て、知識を付けて避けるしかない。


感想:
トランス脂肪酸は健康に悪影響を与える可能性が高いと言われていますが、マーガリンの方に多く含まれているのですね。コレステロールを避けるという意味でバターよりもマーガリンと考えがちですが、トランス脂肪酸も要注意ですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://irorio.jp/manamisgmt/20130819/72390/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-06 10:46:44 (424 ヒット)

ダイエット中の人にとって「脂肪」は憎き敵で、絶対に取ってはいけないものと認識されています。また、脂肪はコレステロールが気になる人にとっても嫌われています。ところが、脂肪は健康の敵ではなく健康の友と言うべき存在であることがアメリカの研究で判明しました。



Eleven Eleven健康センターの創立者で内科医のFrank Lipman博士と、料理コンテストの受賞経験豊富な料理人でNYのTertuliaのオーナーシェフSeamus Mullen氏は、ダイエットに関して、栄養士が「避けるべき」とよく言うおいしい食べ物、例えばバターなどについて共同で研究してきました。この両氏が、質問を受け回答するという対話形式で研究の成果を発表する中で「脂肪は健康の友である」という驚くべき内容が明らかにされました。


感想:
ダイエット=脂肪の摂取を控える。と安易に考えがちですが、それは誤りというか、もう少し細かくとらえていく必要があるようです。肥満と血糖値の上昇との関連性が明らかになって来ており、太る原因は「砂糖」などの「糖分」であり、健康にとっては、良い脂肪(油)は積極的に摂っていくことが大事だということです。バターの成分は良く知る必要がありませね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://gigazine.net/news/20130805-talk-about-fat/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-07-27 09:17:09 (665 ヒット)

こんにちは。目下、プロテインダイエットに挑戦中で毎日が大豆漬けの「失業経験有り人事担当」田中二郎三郎です。

現在、一日の摂取カロリーは基礎代謝以下。普通だったら痩せていくはずなのに体重が減らない停滞期に入っています。ダイエット失敗率が一番高いのが、この停滞期。長引けば長引くほど達成感がどんどん薄くなり、ダイエットしてもムダなんだ...という気持ちにもなりやすいのです。

ダイエットの定説としては、最初は順調に体重が減っていき、停滞期を迎えて変動がなくなり、それが過ぎるとまた体重が減っていきます。疑問なのは、基礎代謝よりも摂取カロリーが少なければ確実に痩せていくはずなのに、なぜ停滞期が生まれるのでしょうか。


感想:ホメオスタシスとダイエット(リバウンド)の関係は興味深いですね。ダイエットをしている人がこの「停滞期」について指摘しているのをよく耳にしますが、このようなメカニズムが働いているんですね。人間の身体というのは本当に良くできていますね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.lifehacker.jp/2012/07/120708dietmethod.html


(1) 2 3 4 ... 8 »
pagetop