健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-19 08:38:23 (273 ヒット)

多くの人が食べ過ぎに悩んでいます。目の前に食べ物が出されると、つい残らず平らげてしまいます。空腹が満たされても食べるのをやめられません。いったいなぜ? 今回は、こうした食べ過ぎのメカニズムと、その防止策を紹介します。

誰だって食べ過ぎてしまうことはあるでしょう。しかし、毎回のように食べ過ぎてしまうなら問題です。体重が増えるのはもちろん、食事の度に気持ち悪さを感じているはず。食べ過ぎの原因はまだ解明されていませんが、いくつか要因は考えられます。


感想:
ユニットバイアス、残したらもったいないといった心理がつい働いてしまいますね。お皿の大きさを変えるという方法は、まず取り入れたいですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.lifehacker.jp/2013/05/130517whyweeat.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-18 10:53:07 (263 ヒット)

食物繊維は健康によい成分として知られている。だが、かつては栄養的な価値はないとされていた。その後、すぐれた機能が見つかったにもかかわらず、日本人の食物繊維の摂取量は大きく減っているのだ。

 そもそも、食物繊維とはどんな成分なのだろうか、そして摂取量が減った原因はなにか。


感想:
ちょっとタイトルと記事の内容にギャップがありますが、ますます見直される食物繊維の存在。にもかかわらず摂取量が減って来ているとのこと。私も実感しています。積極的に増やしていきたいものです(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37781


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-15 10:08:00 (255 ヒット)

ダイエットをする、しないに関わらず、毎日健康的な生活を送るためには食が重要ポイントであることは誰もが認めるところです。そこで食のプロである栄養士さんたちに、お財布にも体にもやさしいお買い物術を学んでみてはどうでしょう?栄養士の資格を持っているくらいだから、食に対する意識は格段に高いはずです。そこで、シドニー在住の栄養士さんたちから、スーパーで食品を買うときの上手なコツを教えてもらいました。


感想:
いくつか参考になるものが掲載されています。「なるほど」(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://googirl.jp/lifestyle/1305kaimonojyutu582/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-15 10:03:09 (262 ヒット)

私たちが普段口にしている食材にはさまざまな栄養成分が含まれており、その栄養素が体の中でエネルギーとなって私たちの活動源になっています。
そんな食材ですが煮る、炒める、ゆでる…などと同じ食材でも料理によって調理方法はさまざまです。しかしその方法や食べ方一つで栄養成分が変わるとしたら?!誰でも同じものを食べるのなら栄養素の高いほうが良いですよね。本日は調理の仕方によって変わる栄養成分についてお伝えしていきます。
自分好みの方法を知り、栄養成分を効率よく摂りましょう。


感想:
水溶性の栄養成分が洗浄、調理過程で失われやすいというお話です。ついつい野菜を切ってから洗ってしまいますが、要注意ですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://googirl.jp/lifestyle/1305tyourihou264/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-12 09:56:53 (254 ヒット)

「36度未満は危険!肌トラブルを招く低体温の恐怖」という記事でもご紹介した通り、低体温は身体にとって良くない言われています。どのような事に気をつければ体温は上がるのでしょうか。今日は簡単に体温を上げられるテクニックをご紹介したいと思います。

■体温と肌の関係

日本人の平均体温であり、身体にとって正常とされている体温は36度台。体温が問題なく高い状態であれば、風邪などのウイルスをやっつける免疫力もきちんと機能しています。

同時に体温が36度台以上であれば内臓の温度も正常に保たれ、本来あるべき働きをしてくれるので肌のトラブルはもちろん、顔や身体のむくみも遠ざけてくれるとされています。 また、代謝を活発にすることでターンオーバーも正しく行われるため、乾燥や肌の老化も防ぐ事が出来ます。


感想:
万病のもと「低体温」。低体温だと免疫機能が下がってしまいます。簡単にできる方法を紹介していただいています。寝るときに靴下を脱ぐというのは、「えー」と思わる方、とくに冷え性のかたなどいらっしゃると思います。お風呂上りに足のつぼのマッサージなどをすると血行がよくなり、靴下を脱いで寝れるのではないでしょうか(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://news.livedoor.com/article/detail/7666514/


« 1 2 3 (4) 5 6 7 8 »
pagetop