健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-06-26 08:43:25 (404 ヒット)

整体師の大山奏です。身体を引き締めるには、基礎代謝を上げることが欠かせません。体幹トレーニングは身体の中の筋肉を強化することにより、基礎代謝と脂肪燃焼をアップさせるのに適しています。今回は、腹筋と背筋の体幹を同時に鍛えるトレーニングを紹介します。

まずは、四つんばいなった状態からスタートします。右手と左足、左手と右足とクロスするように手足を交互に上げていきます。
手・足・胴体の高さがバラバラなのはNG

ポイントは足と手を上げる高さです。手・足・胴体が一直線になるように注意してください。一直線になるまで上げきれていない、また、足と手が上がりすぎて背中がそっているという状態では効果がありません。


感想:
腹筋と背筋を鍛えることは腰痛予防にもなります。このトレーニングはこの二つを同時に鍛えられるのがいいですね。別々に鍛える様利同時に鍛えたほうが体幹を鍛えているという感じがよりしますね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://s.news.mynavi.jp/news/2013/06/25/075/index.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-06-22 09:07:57 (277 ヒット)

3年前の出来事です。当時、私は姿勢をよくしようとして、雑誌で読んだ「ある動作」を30秒ほど、毎日3〜4回繰り返していました。1カ月くらい経った頃でしょうか。私は体の異変に気づきました。何とズボンのウエストがユルユルになっているではありませんか!

思いも寄らない体の変化にあぜんとしつつ、すぐさま雑誌を読み返し、何がわが身に起こったのか理解できました。私がやっていた「ある動作」とは、姿勢をよくするものではなく、腹だけやせる方法だったのです。

ということで、今回は「腹だけやせる方法」をご紹介します。食事制限もキツい運動も必要ありません。簡単で効果抜群。夏に向けてぜひ取り組んでいただきたい“頑張らない”アンチエイジングです。


感想:
これはやってみる価値がありそうですね。ロングブレスダイエットと似たようなアプローチですが、もっと簡単ですね。ただ30秒息を止めるだけでも結構効いている感があります(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://toyokeizai.net/articles/-/14433


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-29 10:20:14 (405 ヒット)

座りすぎが死につながる症候群セデンタリー・デス・シンドロームは2002年にアメリカ大統領の諮問委員会によって作られた言葉ですが、糖尿病、肥満、心血管系の疾患などを引き起こす「座りすぎ」の害は、喫煙並であるそうです。


感想:
たしかに最近、ずっと座り続けて仕事を行うことへのリスクを感じ始めています。「アクティブシッティング」が提唱されていますが、このようにきちんとした運動やエクササイズでなくても、ちょっとした動き、作業の積み重ねが効果があることは立証されています(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://gigazine.net/news/20130528-just-sitting-make-us-sick/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-27 08:37:38 (347 ヒット)

夏の訪れを前に、多くの女性が頭を悩ませるのがダイエット問題。この時期になると、簡単に痩せられる食事法や運動法など数多くのダイエット情報が飛び交いますよね。ですが、無理な食事制限やキツイ運動はストレスを溜めてしまうので良くない、というのはみなさんご存知のはず。

そこで今回は、無理なく痩せやすい体を作る方法についてお話していきたいと思います。


感想:
基礎代謝はエネルギー代謝全体の70%を占めるんですね。やはり基礎代謝の向上に取り組むのが効率的ですね。この記事で上げられているほかに筋肉をつけることも大事ですね。エネルギー消費の多くが筋肉の収縮運動によるものですので筋トレなどにより筋肉の量を増やすことがエネルギー消費につながっていきますね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.biranger.jp/archives/71089


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-23 10:39:37 (358 ヒット)

生活習慣病予防に欠かせないコレステロール値を管理するうえでは、血液中のLDLコレステロール(悪玉)とHDLコレステロール(善玉)双方のバランスを示すLH比が重要だ。LH比は、LDLコレステロール値をHDLコレステロール値で割って算出される数値。コレステロール値は自身では測定できないため、1年に1度は健診を受けてチェックしてほしい。


感想:
LDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)。そのそれぞれの値の大小に気が行きがちですが、この2つの比率、LH比(LDL÷HDL)で管理するのがいいようです。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130510/247851/?P=1


(1) 2 3 »
pagetop