健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-04-06 10:02:28 (275 ヒット)

ライフハッカー編集部様

同じ日に体重計にのっているのに朝と夜の体重が明らかに違い、体重よりも体脂肪を知ることが重要だと聞きました。ダイエットの進行状況をわかりやすく把握するために正確に測定する方法はありますか?

Losing Track(ダイエットの成果がわからない)より


ダイエットの成果がわからないさん

体重と体脂肪率の記録にそこまで大変な思いをする必要はありません。体質、食べるもの、飲むもの、活動量により、体重は一日で何キロも大幅に変動するのです。だから、体重はあまり重要ではありません。むしろ、体重の増加は筋肉量が増えたことを示す良い知らせである可能性もあります。ただ、健康的なレベル(英文)までの減量が必要な場合、日々の体重測定は有益です。変動を把握する方法については、後ほど紹介します。


感想:
体重は一日でかなり増減するので測定値の平均で管理するのが良いらしいですね。ただ、脂肪の増減を測定するのであれば、やはり体脂肪率を見ていく必要があるということです。見た目で管理するのであれは「ジーンズで」ということですが、お腹周り(内臓脂肪)ならベルトの穴でも測れますね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.lifehacker.jp/2013/04/130405track_my_weight.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-04-03 11:09:32 (286 ヒット)

春から初夏にかけては“新しい自分”になろうと、やる気が高まる時期。仕事もおしゃれもダイエットもと、ついつい頑張りすぎちゃう──そんなときこそ体調管理は万全にしたい。

 そのカギを握るのが免疫。漠然と「体を病気から守るもの」といったイメージはあっても、実際にはどのような仕組みなのか、知らない人も多いのでは?

 免疫学を専門とする順天堂大学の竹田和由さんによると、免疫には、自然免疫と獲得免疫の2種類あるという。


感想:
マラソン中や走った後のNK活性の度合いを示したデータは非常に興味深いもので、激しい運動をすると一時NK活性が65%も低下し。さらに走った後しばらくは元の状態に戻らないようですね。激しい運動をしたあとは免疫力が一時低下していまうので油断禁物ですね。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20130322/148842/?ref=health-diet-shin


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-26 16:12:41 (257 ヒット)

ここ数年、よく耳にするようになった「アンチエイジング」という言葉を聞いて、どんなイメージを抱くだろうか。恐らく、多くの人は美容や健康食品などを連想するのではないだろうか。東京都心のビルの1室にある「三番町ごきげんクリニック」(東京都千代田区)はアンチエイジングを専門とするクリニックだ。

 もっとも、美肌や痩身といった効果を期待する“患者”が受診に訪れるわけではない。澤登雅一院長が「健康の基盤を整え、より健康な状態でいられるようにすることが、本来のアンチエイジング」と強調するように、体の内面から健康状態を高めようとする人たちが受診に来る。


感想:
アンチエイジング=美肌(美容)というイメージがやはり強いですが、バイオロジカルエイジ(生物学的年齢)という指標をもとにからだの”こきげん度”を高めていこうというアプローチ、非常に興味がありますね。今後大きな広がりを見せていくのではないでしょうか。(管理人)

この記事に関する詳細リンクは↓
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20130322/245452/?P=1


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-04 16:10:37 (285 ヒット)

厚生労働省は1日、40歳以上を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の平成23年度の
実施率が45%(前年比1.8ポイント増)にとどまったと発表した。23年度にメタボ
健診を受けたのは2363万人で、うち生活習慣の改善が必要とされたのは17.8%の
419万7555人だった。

感想:
メタボ検診の実施率が45%にとどまった(国の掲げる目標は70%)という事ですが、国保(41.1%)や協会けんぽ(37.4%)などの加入者がまだまだ受診率が低いようです。環境面あるいは意識面でハードルがあるのでしょうか。

この記事に関する詳細リンクは↓
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/metabolic_syndrome/


« 1 2 (3)
pagetop