健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-11 08:33:21 (343 ヒット)

ヨガには体のゆがみ解消や筋力アップなど様々な効果がある言われている。とくに高温多湿の環境下で行う「ホットヨガ」は、汗をたくさんかくのでダイエット効果を期待する人も多いだろう。

だが、その期待がもろくも崩れるような研究結果が発表され、全世界のヨガ愛好家に衝撃を与えている。アメリカの研究者らが「ホットヨガはホットだからといってダイエットに対して特に何の効果もない」と発表。ヨガ講師もこれを支持しているというのである。


感想:
大変興味深い研究結果ですね。「汗をかく=ダイエット」といったイメージからホットヨガはダイエットヨガと考えがちですが、普通のヨガとカロリー消費の面からは大差がないのですね。むしろ新陳代謝の面での効果を期待すべきですね。ただヨガ自体にダイエット効果があるので「ホットヨガは痩せない」ではないということに注意すべきですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://rocketnews24.com/2013/08/10/358373/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-10 09:02:02 (341 ヒット)

暑い日は、ダメだとわかっていてもエアコンがきいた部屋にこもったり、冷たいドリンクを飲んだりして体を冷やしてしまいがち……。体が冷えると、肩こりやダルさ、疲れ、むくみのような不調が起こり、気持ちも沈んでしまいます。さらに、代謝が下がって痩せにくくなるので、いいことはありません。

このような女性の敵、”夏冷え”によるプチ不調を解消するには、特別な道具がいらないヨガがオススメ! すでに、普段の生活にヨガを取り入れているという人は多いと思いますが、今一度プチ不調に効くポーズをおさらいしながら、体を動かしてみましょう。


感想:「かんぬきのポーズ」は体側を伸ばすこと、股関節を伸ばすことを実現できるのでいいですね。この暑さと、冷房生活で身体が悲鳴を上げていますので(笑)、時間を作ってこれらのポーズ、実践しようと思います(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.biranger.jp/archives/76989


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-11 10:45:57 (296 ヒット)

毎日の生活リズムは整っていますか?1日の始まりは良い目覚めからといいます。朝起きた時頭がスッキリしていると気持ちが良いものです。今の時代は何かとストレスが多いもの。仕事、育児、家事、人間関係… 日々の疲れを癒してくれる方法は様々ですが、その一つとして今注目を浴びている健康法がヨガです。

SHIHOさんや長谷川潤さん、道端姉妹など多くの芸能人の方々も利用しています。健康になれるのはもちろん、ダイエットや体質改善などにも大きな効果があるとされているヨガ。ヨガは古代インド発祥の修行法でヨーガともいいます。効果はダイエットや体質改善だけではありません。今日はそんなヨガの効果を紹介します。

ヨガには姿勢や呼吸法のみを重視する健康的ヨガと瞑想による精神統一などがあります。いずれもヨガ特有の姿勢をとり呼吸や瞑想を行います。


感想:
ヨガはこころとからだの健康に非常に良いということは多くの方が知っていますが、具体的にはどういう点で、ということを細かくリストアップされています。私は「身体の歪み矯正」の部分に注目しています。現代人のからだの悩みは、身体の歪みから引き起こされているものも少なくないと思っています(管理人)


この記事に関しての詳細リンクは↓
http://rosamayumi.com/yogaeffectknowledge-1290.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-04-04 13:06:45 (329 ヒット)

ヨガインストラクターなつみ先生に、オフィスでできるストレッチを教えてもらう本連載。今回は、ポカポカ陽気が気持ちいいこの季節、オフィスでついウトウト……なんて時にもぴったりの、眠気と戦うストレッチを教えて教えてもらいました!

 「自立神経には2種類あり、午前中や元気な時には交換神経が、夜になって元気がなくなってくると副交換神経が優位になります。シーソーのようにどちらかが上がると、どちらかが下がる仕組みです。そして、眠いときというのは、まさに副交換神経が優位になっている状態。神経のたくさん通っている背中を動かし、交換神経を働かせることで、副交換神経を抑えて、眠気とおさらばしてしまおうという原理です」(なつみ先生談)


感想:
会議中などで眠たくなったら背筋を伸ばすのが良いみたいですね。背中が緩んでいると副交感神経が優位になるという事ですが、逆に言うとずっと戦闘モードで交感神経が働き続けているときはちょっと休息をとってソファで背中を丸めてみるのも良いかも。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1304/03/news042.html


pagetop