健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-08-31 11:08:13 (959 ヒット)

朝起きて机に座って食事を取り、車や電車でシートに座って移動、会社や学校ではイスに座って仕事や勉強を行う……こんな風に1日の大半の時間をイスに座った状態で過ごしている人も多いはずですが、1日6時間以上座っていると死の危険が40%も増大したり精子の数が減少したりとイスに長時間座ったままでいるのは人体にとって大きなリスクとなります。そんな座りっぱなしの危険性と解決策をポップなアニメで紹介してくれるのが「Office Posture Matters」です。


感想:
私もPC作業がメインの為、座って過ごす時間が長く、大変気になる内容です。1日6時間は優に超えています。基本的なことですが参考になるアドバイスがいくつか掲載されています。「立ってPC仕事をする」というのは真剣に考えて見ようかと思います(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://gigazine.net/news/20130830-office-posture-matters/


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-07-26 10:00:20 (878 ヒット)

◆ 猫背とは
医学的には“円背”と呼び、脊椎の胸部の後弯が強くなったものをいいます。
原因は先天性のもの、加齢による変形性脊椎症によるもの、圧迫骨折による楔状変形や発達障害であるショイエルマン病を除き、日常生活での不良姿勢によるものがほとんどです。
特に児童期、思春期の座位姿勢の悪さが大きく影響します。
成人してからも事務職や研究職の方のようなデスクワークがほとんどを締める方は座位姿勢の影響による猫背になる確率が高くなります。また、製造業や理・美容師の方のように手を前の方で使い、前かがみになる事が多い方も猫背になりやすいと言えます。


感想:
猫背矯正についてかなり詳しく書かれた記事です。”平背”についても問題点と改善方法が述べられていて、大変役に立ちます。猫背(や平背)は見栄えだけでなく、健康面で大きな悪影響を及ぼしますので、この記事を参考にして矯正に取り組みたいと思います(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.eonet.ne.jp/~lbp-center/roundback.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-06-01 09:20:43 (461 ヒット)

これまでいろんなダイエットは試しすぎて、どうせ何をやっても痩せないとダイエット不信に陥ってるあなた!

実は一番の痩せることへの近道は、普段から何気なくやっている“悪い姿勢を正す”ことかもしれませんよ。今回は姿勢調律士の野口早苗さんに、女性が気をつけるべき姿勢について教えて頂きました。


感想:
足を組みというのが身体の歪みを引き起こし、良くないというのは良く言われますが、この「Cの字で座る」というのは陥りやすい姿勢ですね。まさにこの記事を読んでいる最中に、自分がこの姿勢をとっていることにハッといたしました。L字姿勢の実践ですね。注意します(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.biranger.jp/archives/71355


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-30 11:37:14 (436 ヒット)

ヨガインストラクターなつみ先生に、オフィスでできるストレッチを教えてもらう本連載。今回のテーマはズバリ「腰痛」。長年悩まされている人も多いのでは? つらい腰痛を未然に防ぐ、簡単な方法を教えてもらいました!

 「腰にかかる負担は、座っている状態のときの方が、立っているときよりも圧倒的に大きいです。一日中オフィスで机に向かっている人が、腰痛に悩まされがちなのもそのせい。しかも長時間同じ姿勢を保つので、腰のまわりは負荷+緊張がかかった状態に。筋肉や血管が収縮するので、血行が悪くなり鈍い痛みが生じはじめます」(なつみ先生談)

 腰痛を未然に防ぐには、周りの筋肉を柔らかくすることが何よりも有効だそう。特に腰の動きに直結する“背中”と“脚の裏”の柔軟性が腰痛予防の鍵。今回は、長年腰痛に悩まされているというIT企業勤務の豪さんにストレッチを体験してもらいました。


感想:
デスクワークが大きくなると姿勢の影響と長時間動かないことが徐々に腰に疲れが蓄積し腰痛の原因となりますが。ちょっとしたストレッチでほんとは予防ができるんですよね。PC作業の合間に取り入れてみたいと思います(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1305/29/news038.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-05-15 09:55:51 (426 ヒット)

肩こり、首こり、背中の痛み、腰痛…これらの症状はデスクワークにつきもので「仕方がない」と思っていないだろうか?

現に、米国で1000人のオフィスワーカーにアンケートをとったところ、62%が腰背部の痛みを、53%が首の痛みを、33%が肩の痛みを、33%が手首の痛みを、31%が背中上部の痛みを感じると回答したというから、現代人には当たり前の症状なのかもしれない。

言わずもがなかもしれないが、これらはパソコンの前に座り続けていることにより、筋肉が緊張してして起こるそうだ。しかし、身体を痛めてまで働くなんてナンセンスもいいとこだと思わないか?

American Osteopathic Associationの医師が言うには、 まず座りっぱなしが良くないらしい。1時間に1〜2回は席から立ち上がり、筋肉の緊張をほぐしたり、身体の下の方に溜まった血液の循環を促すといいそうだ。


感想:
ノートパソコンの場合、1と3のどちらを優先するかがポイントですね。首を守ろうとすると、モニターの高さを上げたいところですが、意外と腕の疲れが肩⇒首ときてしまう場合も少なくないと思います。ノートでモニターの高さを変えられるものが必要ですね(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://irorio.jp/manamisgmt/20130513/57105/


(1) 2 »
pagetop