健康促進、ストレス解消、ダイエット、姿勢のお役立ち情報満載 - ヨガ、ウォーキング、ヒーリング、ダイエット運動などを紹介!

健康関連講座紹介
健康関連講座紹介
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
検索
  
投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-31 13:34:00 (304 ヒット)

過度のストレスは心身の健康に深刻な影響を及ぼします。その上、要因となる仕事や上司などといった問題そのものを自分の人生から切り離すことはできません。

ですから、自分の考え方を変えて、ストレスに上手に対処しましょう。

Heidi Grant Halvorson博士は米誌『ハーバードビジネスレビュー』で、ストレスは発生する前に対処する方がよいと言っています。いかに最小限に抑えるかという所に意識が向きがちですが、自分を強くする経験だと、健全な精神で状況に対処する方がよいそうです。

社会心理学誌「the Journal of Personality and Social Psychology」に驚くべき研究結果が載っていました。


感想:
「こころの筋肉を鍛える」といった感覚でしょうか。ストレスを受ければ受けるほど、それに耐えることによって、強い精神力が磨かれていくということを検証した実験ですね。ただ鍛え方を間違ってしまっていたり、方法を知らない場合、ストレスにつぶされてしまう懸念がありますね。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.lifehacker.jp/2013/03/130330stress_change_mindset.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-29 09:17:44 (299 ヒット)

常に冷静で周囲の状況にも知覚的でいられる「マインドフルネスな状態」は仕事以外のときにも活かせます。子どもがいる場合なら、「一呼吸を置く」ようにしてみてください。子どもに対してマインドフルネスな状態で接することができ、より幸福な家庭を築けるでしょう。


感想:
「反応」ではなく「対応」が大事だという点、とても納得できます。受けての子供もこの「間」があることによっていわゆる「聴く」準備ができます。なによりも親の側は感情を一旦「置く」ことによって「冷静」に対処することができるようになります。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://www.lifehacker.jp/2013/03/130328mindful_parents.html


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-27 15:00:51 (321 ヒット)

近年深刻化している社会人のストレス問題。うつ症状を訴えるビジネスマンが増えているようで、今まさに職場のストレスに悩んでいる人も少なくないだろう。しかし、かたや同じ職場で同じプレッシャーを受けているはずなのに、あまりストレスを感じていない人もいる。これはメンタルタフネスの個人差ともいえそうなのだが、一体そのような差はどこで生まれるのだろうか? メディカルケア虎ノ門の五十嵐良雄院長に伺った。


感想:
ストレス解消のコツは、その長さに関わらず、”自分の為に時間を使えた”という実感を持つことのようです。受け身ではなく自発的に時間を消費するということがストレスを溜めないコツなんですね(管理人)


この記事に関する関連リンクは↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130327-00000006-rnijugo-life


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-22 10:02:37 (268 ヒット)

仕事もプライベートもトントン拍子に進む幸せな人と、何をしてもトラブルに見舞われる不運続きの人がいるのはなぜだろうか。気鋭の研究者が心理学的に解説する。

■他人に配慮できる人ほど運がいい

 あなたの周囲を見回してみると、仕事でもプライベートでもなぜかいつもツイていて物事がトントン拍子に進む人はいないでしょうか。逆に、運に見放されたか のように何事もうまくいかず、沈み込んでいる人はいないでしょうか。このような幸運、福運、強運の人と、不運、悲運、悪運の人はなぜ生まれるのでしょう か。そして、両者はどこが違うのでしょうか。

感想:
「社会的動物である人間においては、人との関係性においてのみ人生が成り立っていると言っても言い過ぎではありません。このように”利他的あるいは世の中を長い目で見る”人には良好な人間関係ひいては”幸運”がめぐってくるというのは、まさに理にかなっているのだと思います」(管理人)

この記事に関する詳細リンクは↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130318-00008829-president-bus_all&p=1


投稿者 : koichikm 投稿日時: 2013-03-21 10:11:41 (296 ヒット)

企業のメンタルヘルス対策をサポートするEAP (Employee Assistance Program=従業員支援プログラム)は、米国では一般的に活用されている仕組みだ。精神的な不安やストレスを取り除くための多様なプログラムを備えた外部専門家が、企業の依頼を受けて社員のメンタル面をケアする。今回は、日本のEAP大手であるアドバンテッジ リスク マネジメントの鳥越慎二社長にEAPとしてできる、うつ病予防と日本でのEAPの現状と将来などについて聞いた。


感想:
米国の経営者にはパーソナルカウンセラーがいるのは常識だそうです。日本ではまだ皆無ということですが、いずれは日本の経営者も同様に持つようになるでしょう。さらには経営者だけでなく、広く一般の国民もパーソナルカウンセラーもしくはヘルスアドバイザーを持つ時代がくるのではと思います。(管理人)


この記事に関する詳細リンクは↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130319-00010001-wedge-soci&p=1


« 1 2 (3)
pagetop